プロミスで即日振込してもらいたいとき、必要なものとは?

すぐにお金が必要となったので、プロミスで即日借り入れを受けようと思っています。
プロミスキャッシングで即日振込をしてもらう為には、どのような物が必要となるのでしょうか。
WEBキャッシングで、申し込もうと思っています。
書類に不備があると即日振込が可能にならないと聞いたので、間違いのない情報が知りたいです。
また、会社の在籍確認は必ず行わなければいけないのでしょうか。
他に代用して証明する事は、不可能なのでしょうか。

プロミスの即日借り入れをする為に必要な書類とは

即日借り入れをしたい場合は、書類不備で失敗して借りる事が出来ないなんていう事は、あってはいけません。
プロミスでキャッシングを行う場合は、これらの書類が必要です。

  • 必ず必要な書類
  • 本人確認書類が、必要となります。運転免許証、健康保険証、パスポート等です。
    外国の方は、在留カード及び特別永住者証明書も必要となります。

  • 借り入れ金額に応じて更に必要となる書類
  • プロミスは、借入希望金額が50万円以上、またはプロミスでの借り入れ希望額と他社の借り入れ残高の合計が100万円以上になる場合は、収入が明らかになる書類が必要となります。
    最新の源泉徴収票、最新の確定申告書、1年分と直近2か月の給与明細書等です。

勤務先の在籍確認

審査の際は、勤務先に電話で在籍確認を行います。
在籍確認も融資の査定に入るので、在籍確認が出来なければ融資が可能となりません。
会社が営業されている曜日でしたら良いですが、土日祝日等会社が休みの時は、即日融資の為の電話による在籍確認が出来ません。
その場合は、勤務先名が書かれた書類の提出で確認を取る事が出来ますので、あらかじめ用意しておきましょう。

在籍会社の営業日であれば、電話にて在籍確認を行います。
もちろん、プロミスと社名を名乗ってかけることはせず、個人名でかけてくれます。
しかし、勤め先に電話をかけられるのは避けたいと思う方は、勤務先の名前が記載されている健康保険証や給与明細を提出すると、電話による在籍確認は行いません。
即日借り入れで会社に電話してほしくない場合は、それらも用意した上で借入をお願いしましょう。

個人事業主の在籍確認

個人事業主や自営業の方は、会社勤めではないので在籍確認が出来ません。
個人事業主や自営業の方でも、働いた実績を証明出来ると借り入れが可能となります。
個人事業主の在籍証明の代わりになる書類は、有効期限内の営業許可証、受注書、発注書、納品書、請求書、領収書、1年以内に発行された報酬明細などの提出が必要となります。
即日借り入れを受ける為に失敗しないよう、これらの書類は複数用意しておくと間違いないでしょう。